自営業でも借金できるのか?

会社に雇われているサラリーマンの場合、毎月決まったお給料をもらうことができますが、自営業者・個人事業主の方の場合は違いますよね。

 

その月の売り上げによって自分の給料的なものが変わってくることもあるでしょう。もちろん給料を決めて毎月決まった金額を得ている場合もあるとは思いますが、月によって違うという感じの人の方が多いのではないでしょうか。

 

事業の業績

自営業者・個人事業者はこのような感じですので、キャッシングやカードローンで借金をする場合、審査の面でサラリーマンよりも不利な部分があります。

 

お金を貸すローン会社からすれば、毎月定期的なお金が入ってくるサラリーマンの方が返済してくれる可能性が高いですので、安心して貸し出すことができますからね。

 

だからと言って、自営業者の方が借金ができないというわけではありません。自営業者・個人事業主の方でも借金することはできます。

 

ただ、自営魚社の方の場合、事業資金として利用するのか?生活費などの個人的なことで利用するのか?ということのどちらかによって借りるべきローン会社が変わってきます。

 

事業資金の場合ですとノンバンクの事業者ローンを利用しなければいけませんし、生活費などの個人的なことの場合ですと自営業者でも借りれる個人向けのカードローンを利用しなければいけませんからね。

 

 

事業資金を借りたい方

 

事業資金を借りたいという方は、事業者ローンと呼ばれるローン商品を利用するといいです。事業者ローンというのは事業に関することに利用するために利用するローンのことを言います。

 

一般的な個人向けのカードローンですと事業融資に使うことは禁止されていることがほとんどですので、事業資金を借りたい場合は事業者ローンを利用しないといけないということですね。

 

事業者ローンといっても、個人向けのカードローンと同じような感覚で利用できるものがあるので、そういうのを利用するといいでしょう。借入方法も簡単ですし、審査も早くスピーディに利用することができますからね。

 

では、この個人向けのカードローンのように利用することができる事業者ローンを紹介しておきます。

 

ビジネクスト

ビジネクスト

事業者ローンでまずおすすめしたいのがビジネクストです。
ビジネクストは原則無担保・無保証で最大1,000万円まで利用することができるようになっています。もちろん借りれる金額は審査によってきまりますけどね。
金利も年8.0%〜18.0%となっていますので無担保・無保証で利用できるノンバンクの金融機関としては低金利に設定されていますので問題ありませんね。
≫ビジネクストの申し込みはこちら

ビジネスパートナー

ビジネスパートナー

ビジネスパートナーも自営業・個人事業主の方に人気のある事業者ローンです。
事業拡大や決算時などのまとまった資金が必要な時にも急ぎで対応してくれるのでいいですよ。
今限定ですが最大45日間利息が0円という無利息キャンペーンを実施しているので、お得に利用することができますよ。45日間は利息を払わなくていいわけですので、この間に返済しておけば利息をり払うことなく借りる事ができるわけですから。
≫ビジネスパートナーの申し込みはこちら

ORIX CLUB CARD

ORIX CLUB CARD

ORIX CLUB CARDは平日14時30分までに契約内容の同意手続きが完了できていれば、その日のうちに融資してもらうことが可能となっています。
審査が通ればローンカードが自宅か勤務先に届くようになりますが、手元にカードがまだ届いていない場合でも、ORIX CLUB CARDのホームページから振込みによる融資の申し込みをすれば振込してくれるのです。
返済もネット返済が可能な金融機関から何時でも返済することができますよ。
≫ORIX CLUB CARDの申し込みはこちら

 

事業者ローンに関するQ&A

 

ローンの審査基準は?

ローンの審査基準に関しては、どこのローン会社も開示していません。ですので、実際に申し込んでみないと通るかどうかは分からないのです。

 

すでに他社から借り入れしているなどによって審査に不安という自営業の方もまずは申し込みしてみるといいでしょう。

 

あと、ローンの審査基準は各ローン会社によって違いますので、例えば上記で紹介しているビジネクストの審査に落ちたからと言って、ビジネスパートナーの審査にも落ちるとは限りません。

 

ですので、1社に申込して審査に落ちたとすれば次のローン会社の審査に申し込みしてみるといいですよ。

 

ただ、この際に同時にいくつかのローン会社の審査に申込するのはやめておいた方がいいです。ローン会社の方からすれば、良い印象はありませんので、審査に落ちる可能性が高くなりますからね。

 

希望のローン会社にまず申し込みしてみてその審査結果が出てから、次のローン会社に申込してみるようにしましょう。

 

赤字決算でも大丈夫?

赤字決算だから審査が通らないのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、事業を営んでいると、そんなに悪い状態ではないんだけど決算で赤字になってしまうということはあることだと思います。

 

そういうことがローン会社側も分かっていますので、ただ赤字だからと言ってローンの審査に通らないというわけではありません。

 

もちろん赤字決算の内容によっては融資を受けられない場合もありますが、内容もちゃんと審査してくれますので、ただ赤字だからというのであきらめなくても大丈夫ですよ。

 

総量規制の対象になるの?

総量規制というのは個人での借金の総額が年収の3分の1に制限される仕組みのことを言います。これによって借りたくても借りれないという人も増えてきたのも事実ですね。

 

ただ、この総量規制は事業性の融資に当たりますので、総量規制の対象外となっているのです。ですので、総量規制を気にすることなく借りる事ができます。

 

個人事業主の方の場合は、一定の条件を満たせば総量規制の例外となります。

 

・資金使途が事業資金であること
・確定申告書及びローン会社所定の事業計画・収支計画・資金計画を提出する
・借入額が返済能力を超えない範囲であると認められること

 

この条件を満たすことによって総量規制の対象外となり借りる事ができますよ。

 

個人的に利用するのに適したカードローン

 

生活費であったり教育資金、車やバイクの購入資金、旅行資金などが必要な場合は、個人向けのカードローンを利用しなければいけません。事業者ローンは利用できませんからね。

 

個人向けのカードローンならば、こういった個人的なことでお金が必要なものに対してなんにでも使うことができます。事業資金以外であればなんにでも使うことができるのです。

 

この個人向けカードローンですが、色々と商品があるのですが、おすすめできるのは一部の商品ですね。やはり、金利や利便性など総合的に使い勝手の良いカードローンを利用しなければいけません。

 

そのおすすめできるカードローンを紹介しておきますね。

 

プロミス

プロミス

自営業者・個人事業主の方が個人的にお金を借りるのにまずおすすめなのがプロミスですね。
プロミスは三井住友銀行グループで安心感も抜群ですし、商品内容的・サービス的にも十分なカードローンです。
急いでいる方は即日融資も可能ですし、土日や祝日・銀行営業時間外でもその日のうちに融資を受けることが可能ですよ。
≫プロミスの申し込みはこちら

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行

銀行ならば三菱東京UFJ銀行カードローンが人気ですね。バンクイックという商品名です。
銀行カードローンですが審査も早いですし、申し込み後のテレビ窓口まで行けばその日のうちに融資を受けることも可能となっています。
あと、月々の返済金額が1,000円からと少額に設定されているのもありがたいですね。月々の返済金額が多いと困るという方も、バンクイックなら無理なく返済していくことができると思いますよ。
≫三菱東京UFJ銀行の申し込みはこちら

アコム

アコム

アコムもスピーディな対応で即日融資が可能で、土日・祝日などでもその日のうちにお金を借りる事ができます。
また、アコムを初めて利用する方ならば最大30日間金利0円で利用する音ができますよ。この期間はどんな低金利のカードローンもかないませんね。
ローンカードをクレジット機能付きのACマスターカードにすることができるのもメリットかと思います。
≫アコムの申し込みはこちら

みずほ銀行

みずほ銀行

銀行カードローンの中ではみずほ銀行も良いと思います。
エグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類が用意されていて、エグゼクティブプランは金利が年3.0%〜7.0%という低金利設定になっています。
ここまでの低金利設定になっているカードローンは業界でもなかなかないでしょう。
みずほ銀行の普通預金口座をすでに持っている方は、審査通過後にそのキャッシュカードにローン機能を付けてもらえるので、すぐに利用することができますよ。
≫みずほ銀行の申し込みはこちら

モビット

モビット

モビットはWEB完結というもう申し込み方法があります。この申し込み方法は一定の条件を満たせば、【電話連絡なし】【郵送物なし】で申込みが完結してしまいます。
その一定条件というのが三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている方で、全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合保険証を持っている方になります。
これらの条件を満たす方にとっては非常に簡単な申し込み方法ですのでぜひ利用するといいですよ。
≫モビットの申し込みはこちら